季刊まちりょくvol.16
6/108

41982年仙台市生まれ。東京藝術大学、同大学院修士課程を経て、ベルリン芸術大学を卒業、ドイツ国家演奏家資格を取得。2007年、第3回仙台国際音楽コンクールにて優勝、および聴衆賞、駐日フランス大使賞を受賞。仙台市より「賛辞の楯」を、宮城県より芸術選奨新人賞を授与される。2011年、ミュンヘン国際コンクール特別賞受賞。現在、ドイツを拠点にしながら、国内外のオーケストラとの共演、ソロリサイタル、室内楽活動の各分野で活躍中。毎年秋に開催される「仙台クラシックフェスティバル」など、地元仙台での演奏会にも数多く出演している。津田 裕也 つだ ゆうや  10月には「仙台クラシックフェスティバル(せんくら)2014」に出演する。「『せんくら』もそうですし、仙台では定期的に聴いていただく機会があるのですごく嬉しいです。そのたびに、成長していかなければいけないなと思います」 その言葉は、この日訪ねた場所の清々しい風景にぴったりだという感じがした。これからも、津田さんの音楽が仙台に届けられるのを楽しみに待ちたい。長命館公園にて。梅や桜の名所として知られ、春にはお花見の人々でにぎわう。このときはレッドクローバー(ムラサキツメクサ)の野原となっていた。昨年の「せんくら」の様子。地元のファンが大勢訪れ、ピアノの音色に耳を傾けた。10月3日~5日に開催される今年は、ヴァイオリンやチェロとの共演など4公演に出演予定。  

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です