トップページ  >  イベント情報  >  詳細情報

  • 歴史・民俗・考古学
  • 会期中
  • 入館料

東北の縄文遺跡(3)
岩手県山田町
浜川目沢田 I 遺跡

春のコーナー展示では、震災復興調査で明らかになった三陸沿岸部の縄文遺跡について紹介します。

浜川目沢田 I 遺跡はリアス式海岸である山田湾の北岸に位置し、標高2〜7メートルの低地に立地する極めて海辺に近い遺跡です。
発掘調査では縄文時代前期から晩期にかけての土器や石器が大量に出土しています。
今回は前期から晩期の土器と石器、装飾品など約50点を展示します。

開催期間 2020年3月14日(土曜)〜6月7日(日曜)
開館時間 9時〜16時45分(入館は 16時15分まで)
会場 仙台市縄文の森広場
入館料 一般     200円(160円)
高校生    150円(120円)
小学生・中学生 100円( 80円)
※( )内は、30名以上の団体割引料金
休館日 ・月曜日(休日にあたる日を除く)
・休日の翌日(休日または土曜・日曜日にあたる日を除く)
・毎月第4木曜日(休日及び12月を除く)
問い合わせ 仙台市縄文の森広場 電話 022-307-5665
関連リンク 仙台市縄文の森広場

遺跡全景(北東から)
提供:(公財)岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター